非接触測定

光学式(非接触測定器)の特徴

 

光学式 (非接触測定器)   接触式 (3次元測定器)
光学式 (非接触測定器)   接触式 (3次元測定器)

■メリット

・容易に使用(測定)できる
 (軌跡プログラムの作成不要)
・全体形状を測定できる
・可搬性が高い
 (測定器を測定物まで移動できる)
・多種多様な形状に対応可能
・測定時に原点設定が必要ない

 

■デメリット

・光沢、黒いものはそのまま測定できない
 (除光液等を塗布する必要がある)

 

■メリット

・測定精度が高い

 

■デメリット

・機械構造上、測定対象物の大きさに制限有
・全体形状の測定が困難
・測定時に原点設定が必要

 

保有設備

 

特 徴 ATOS Compact Scan 5M
 ・測定装置 ATOS Compact Scan 5M
 ・測定範囲 約450mm~1200mm
 ・設備精度 約0.05mm
 ・測定方法 カメラ式
 ・詳細 http://www.marubeni-sys.com/de/gom/3ds/atoscs.html

 

使用事例

 

製品形状のデータ化
非接触測定器にて製品形状をデータ化することで、様々な用途に使用できます。

 

①形状確認と寸法検査


測定データを設計データ(CAD)と重ね合わせることで、形状の差異を確認できます(カラーマップ)。

 

断面形状の確認、寸法検査等も可能です。

 

①寸法検査(測定データ+設計データ)

①寸法検査(測定データ+設計データ)

②不良解析

 

(例)寸法不良のものを良品と比較することで、寸法の偏移を確認できます。

 

②不良解析(良品測定データ+不良品測定データ)

②不良品解析(良品測定データ+不良品測定データ)

③クリアランス確認

 

外側からは見えない、合せ面等のクリアランスを確認できます。

 

③クリアランス確認(測定データ(A型)+測定データ(B型))

クリアランス確認(測定データ(A型)+測定データ(B型))

④設変部の確認

 

既存製品をオリジナルデータと比較することで、形状変更箇所を確認することができます。


※設変内容等が不明または図面が無い場合でも、オリジナルデータとの比較で変更部を確認できます。

 

④設変部の確認(既存製品データ+オリジナルデータ)

既存製品の形状確認

 

 


鋳物のリバース事業
図面やCADデータが無くても、
製品からデータを作成し、
鋳物まで製造します。

既存製品→複製品

 

鋳物のリバース事業